消費者の魚離れが叫ばれて久しい日本。1人当たりの魚介類の年間消費量は、2004年は63・2キロと世界1位だったが、13年には48・9キロに減少して7位に転落した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。