男子ダブルス準決勝でプレーする藤村(手前)・松下組=丸善インテックアリーナ大阪

 卓球の全日本選手権第6日は19日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、男子ダブルスで小松島市出身の藤村友也(日鉄住金物流、和田島小―岐阜・長森中―愛工大名電高―愛工大出)、松下海輝組は準決勝で松山祐季、高見真己組(愛工大)に2―3で逆転負けを喫し、3位に終わった。決勝は木造勇人(愛工大)張本智和(エリートアカデミー)組が松山、高見組に3―2で競り勝ち、初優勝した。

 女子決勝は早田ひな(日本生命)伊藤美誠(スターツ)組が芝田沙季(ミキハウス)大藤沙月(ミキハウスJSC)組を3―1で退けて2連覇を達成。伊藤は混合ダブルスに続き2種目連覇となった。

 シングルス準々決勝の男子で2連覇を狙う張本が吉村真晴(名古屋ダイハツ)を、水谷隼(木下グループ)は丹羽孝希(スヴェンソン)をそれぞれ4―0で下して準決勝に進んだ。大島祐哉(木下グループ)と木造も4強入りした。

 女子は前回大会優勝の伊藤が安藤みなみ(専大)に4―1で快勝。早田と森さくら(日本生命)、14歳の木原美悠(エリートアカデミー)がベスト4に入った。

 20日の最終日は準決勝と決勝が行われ、男子は張本―大島、水谷―木造、女子は伊藤―早田、森―木原で争われる。