昇格達成へ強い思いを語ったロドリゲス監督

 3季目に臨む徳島ヴォルティスのロドリゲス監督に、今シーズンの展望や意気込みを聞いた。

 -新シーズンの目標は。

 「昇格を果たしたい。しっかりしたプロセスの中でいいプレーをし、優勝を目指す。チームをより高みに引き上げていくことで結果として昇格につながればいい」

 -どんなサッカーを目指すのか。

 「攻撃的で魅力あふれるプレーという方向性は変わらない。試合を支配して勝ち切りたい。選手陣はそれができるメンバーだ」

 -チーム始動から10日ほど過ぎた。手応えは。

 「本当にいい。プレーには激しさがあり、コンセプトの理解も早い。いい雰囲気でやれている」

 -新加入選手の印象は。

 「特定のポジションでただ技術的に優れているというのではなく、われわれのやりたいサッカーに適応できる特長を持っている。その点は昨年の経験も生かされていると思う。あとはプレシーズンで良い準備をすることが大事だ」

 -リーグ戦を展望すると。

 「昨年はシーズン最初の3分の1、序盤戦で良い試合をしながら勝てなかった。今年はしっかり勝ち切ってスタートダッシュしたい。年間では23、24勝したいと思う。有力選手をそろえる柏などがライバル。開幕戦で当たる鹿児島も警戒しているが、J2にまだ慣れていない時期に戦えるのは幸運かもしれない」

 -サポーターに一言。

 「来年はJ1でわれわれのサッカーを見せられるよう意識しながら毎日努力する。ぜひ後押ししてください」。