美波町日和佐浦の日和佐うみがめ博物館カレッタに、町の沖合で捕れた白いナマコが展示されている。

 白いナマコは大きさ約25センチ。木岐漁港近くの磯で地元の漁師が捕まえた。突然変異によって色素を失った個体で、徳島大生物資源産業学部の浜野龍夫教授(海洋生物学)によると「数十万匹に一匹の確率」という。

 受付横の専用水槽に展示しており、カレッタの田中宇輝学芸員は「縁起がいいとされているので、ぜひ一度見に来てほしい」と話している。

 カレッタでは、2016年に阿南市沖と木岐漁港沖で捕れた計2匹を展示した。