地元の関係者から花束を受け取る徳島のロドリゲス監督(中央)ら=宮崎市の宮崎観光ホテル

 J2徳島ヴォルティスは22日、2次キャンプ地の宮崎市に入り、滞在する宮崎観光ホテルで地元の支援団体「Jリーグ等宮崎協力会」関係者から歓迎を受けた。

 午後6時ごろにユースを含む選手27人とスタッフの計42人がホテルに到着。協力会会員ら約30人が拍手で迎え、同市の永易貞幸観光商工部長が「J1昇格に向けて立派な成績が残せるよう練習に励んでほしい」とあいさつ。宮崎特産の日向夏やイチゴが贈られた。

 歓迎の花束を受け取った徳島のロドリゲス監督は「今年も宮崎に来ることができてうれしい。立派な練習施設、ホテルで素晴らしい時間を過ごせると思う」とお礼の言葉を述べた。

 練習場所は昨年と同じ宮崎市南部のヤマザクラ県総合運動公園ラグビー場。27日午前11時半からは同公園サッカー場で、J2金沢と練習試合を予定している。徳島の2次キャンプは2月3日まで。同市内では徳島を含むJリーグの11チームがキャンプを行う。