牟岐町の水産卸業城尾大さん(43)が23日、体長88センチ、重さ7・6キロの大きなヒラメを釣り上げた=写真。

 海陽町の大砂海水浴場にある堤防からルアーで釣った。約1時間かけてゆっくりとリールを巻き、最後はえらに手を突っ込んで引き上げた。県釣連盟によると「おか釣りで掛かるヒラメは40センチぐらいが多い。とても珍しい」という。

 ヒラメは魚拓を取ってから、家族が営む中華料理店に提供した。城尾さんは過去にも60センチ級のヒラメを釣ったことがあり、「次は1メートルを超える大物を仕留めたい」と意気込んでいる。