2月11日、徳島県三好市東祖谷にそびえる三嶺(1893㍍)に登った。登山口の菅生集落から雪道となっていて、中腹から頂にかけては膝まで潜る積雪があり、楽に前進できなかった。

 ルートは 基本的に一般の登山道を辿った。約5時間で三嶺避難小屋に着き、さらに半時間ほどで山頂に達した。気温はマイナス10度だが、風が強く 体感温度はさらに低かった。 吹き飛ばされないよう注意しなければならなかった。視界はほとんどなかった。写真をご覧いただきたい。

登山中、他に2パーティーと会ったが、冬期の三嶺登山は、冬山装備を持った上で経験者が同行することが望ましい。(尾野益大)