鉄路と道路双方を走行できる車両「デュアル・モード・ビークル(DMV)」の導入について検討する徳島、高知両県などでつくる阿佐東線DMV導入協議会が28日、県庁であり、当初約10億円としていた事業費が1…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。