徳島市の中学生シンガー・丸山純奈さんが、徳島県警の特殊詐欺被害防止広報大使に就任した。3月2日、イオンモール徳島で開かれた就任セレモニーでは、丸山さんの声による啓発アナウンスが披露されたほか、丸山さんのバンドPOLUのアコースティックライブがあった。

 

委嘱状を受け取る丸山さん(左)=徳島県警本部

セレモニーに出席した丸山さんは、徳島県警から広報大使就任の依頼に「びっくりしたんですけど、特殊詐欺を防げるように頑張ろうと思いました」と話した。

広報大使として「若い年代だけでなく、お年寄りなど幅広い年代の人が被害に遭っているので、そんな人を一人でも減らせるようにしたいです」と意気込みを語った。

広報大使就任の意気込みを語る丸山純奈さん=イオンモール徳島

就任セレモニーでは、県警の担当者が特殊詐欺の具体的な手口や注意点を呼び掛けた後、丸山さんの啓発アナウンスの録音を披露した。

【啓発アナウンス】一部抜粋
「皆さん、徳島県内でオレオレ詐欺をはじめとする特殊詐欺の被害がどのくらい発生しているか知っていますか? 平成29年中は63件、約9282万円の被害が発生しました」という呼び掛けで始まり、

「利用した記憶のないサイトの利用料金の請求は無視してくださいね」「コンビニで電子マネーを買って番号を教えて、というのは詐欺ですよ」「宅配便で現金を送れ、というのも詐欺ですよ」「還付金があるのでATMに行って、というのは詐欺ですよ」と具体的な手口を挙げ、

「おかしいなと思ったり不安を感じたりしたときは、警察総合相談センター#9110に電話をするか、近くの警察署に相談してくださいね」と注意を呼び掛けている。

 

広報大使は特殊詐欺の被害防止のための注意点を広く県民に広報・啓発する役割で、委嘱するのは丸山さんが初めて。県警の担当者は、丸山さんを起用する理由を「たぐいまれな歌唱力があり、幅広い年代の県民から注目を集めているので、より効果的に広報・啓発活動ができる。県民が特殊詐欺に関心を持ち、対抗策の知識を深めて、被害に遭う人が一人でも減れば」と話した。

丸山さんの任期は2019年3月末までで、活動内容は、特殊詐欺の注意点についてのアナウンスを録音し、徳島県警の被害防止キャンペーンや関係機関での啓発活動に使用する。

POLUがアコースティックライブ

POLUのライブでは、バラード「おまもり」と徳島市万代中央ふ頭のイメージソング「ミズイロ」の2曲をアコースティックで演奏した。