ドン・キホーテ徳島応神町店(仮称)の出店予定地。右後方は吉野川橋=Google Earthより

 ディスカウントストア大手のドン・キホーテ(東京)が、徳島市応神町古川の県道徳島鳴門線沿いに県内初出店を計画していることが30日分かった。8月末のオープンを目指している。大規模小売店舗立地法に基づき、県に届け出た。

 県への届け出などによると、出店予定地はグランド商事・アドバンス(高松市)が昨年9月末まで運営していたパチンコ店「パーラーグランド古川店」の跡地(1万834平方メートル)。グランドのグループ会社が施設を増築するなどしてドン・キホーテに貸し出す。

 建物は鉄骨5階建ての予定で、店舗面積は4635平方メートル。駐車場は228台分を確保する。店舗名は、仮称で「ドン・キホーテ徳島応神町店」。2月1日に着工する。

 ドン・キホーテは食品や日用品、雑貨、衣料品、家電製品、ブランド品、バラエティーグッズなど、4万~6万点の商品を取り扱う総合ディスカウントストア。全国に215店舗(27日現在)を展開しており、未出店地域は徳島、高知の2県だけとなっている。

 持ち株会社のドンキホーテホールディングス(HD)の2018年6月期連結決算は、売上高9415億800万円、純利益364億500万円。コンビニやスーパーを展開するユニー・ファミリーマートHDと資本業務提携を結んでいる。