喜多川歌麿(きたがわうたまろ)の美人大首絵ブームに先立つ天明年間(1781~89年)、美人画の第一人者だったのが鳥居清長(とりいきよなが)(1752~1815年)だ。最盛期の連作「当世遊里美人合(とうせいゆうりびじんあわせ)」からの一作「辰巳艶(たつみえん)」は、江戸の辰巳の方角(東南)にあった深川の「辰巳芸者」をモデルに描いた。

8頭身の「ビーナス」
鳥居清長「当世遊里美人合 辰巳艶」(錦絵大判、天明2~4年ごろ、縦54・5センチ×横43・0センチ、中右コレクション)

深川には当時、幕府公認の吉原遊郭を脅かすほどの人気を誇った非公認の遊郭(岡場所)があった。清長はそこで生きる遊女や芸者を素材に、健康的な体つきの8頭身美人を描き、後に「江戸のビーナス」と評される長身の美人画様式を作り上げた。

この他にも清長は、大判二枚組、三枚組のワイド画面いっぱいに、美人群像を描写する「大判続物(つづきもの)」を考案。背景に実際の江戸の風景を写実的に描く手法も生み出し、美人画表現の可能性を広げていった。

国際浮世絵学会の中右瑛(なかうえい)常任理事は「清長が描く新しい美人像は、歌麿ら次世代の絵師に影響を与えた。清長が浮世絵黄金期のきっかけをつくったといえる」と話している。

浮世絵展「写楽・歌麿とその時代 美人画と役者絵」は22日まで、徳島市のあわぎんホールで。

●関連記事●

浮世絵ってなに? 知っているようで知らない浮世絵の世界

写楽・歌麿とその時代 1 写楽「嵐龍蔵の金貸石部金吉」

写楽歌麿とその時代 2 写楽「中島和田右衛門のぼうだら長左衛門と中村此蔵の船宿かな川やの権」

写楽歌麿とその時代 3 歌川豊国「役者舞台之姿絵はま村や」

写楽歌麿とその時代 4 写楽「大童山土俵入」

写楽歌麿とその時代 5 歌麿「松葉楼粧ひ実を通す風情」

写楽歌麿とその時代 6 鳥文斎栄之「青楼美撰合 初買座敷之図 扇屋内瀧川」