徳島県出身でSKE48チームSの岡田美紅さんが、角膜潰瘍を発症して活動を一時休止することが分かった。30日、グループの公式サイトで発表された。

 発表によると、岡田さんが目の痛みを感じて病院を受診したところ、角膜潰瘍との診断を受け、医師からしばらく活動を控えて安静にするよう指示を受けた。

 このため2月3日に京都市、9、10両日に名古屋市である握手会や、5日にさいたま市で開かれるSKE48松村香織さんの卒業コンサートなどは欠席する。

 岡田さんも同日、自身のツイッターを更新し「このたびは角膜潰瘍という病気のため、活動休止という形を取らせていただくことになりました。皆さまにはご心配、ご迷惑をおかけしていますが、今後とも温かい目で見守っていてくださると心強いです」などとするコメントを発表した。

 角膜潰瘍は、眼球表面にある角膜が何らかの原因で傷付いたり、細菌やウイルスに感染したりして、炎症などを起こすもの。