2月3日から提供する「ワカメしゃぶしゃぶ定食」=小松島市和田島町の「網元や」

 徳島県小松島市の和田島漁協女性部が運営する食堂「網元や」は2月3日から、収穫シーズン前の若くてやわらかい生ワカメを使った「ワカメしゃぶしゃぶ定食」(税込み1000円)を提供する。ワカメは食べ放題で、同月24日まで。

 あめ色のワカメをシラスから取っただし汁にくぐらせると鮮やかな緑色に変化し、やわらかな口当たりとしこしことした食感が楽しめる。残っただし汁で卵雑炊も味わえる。定食にはシラスとワカメ入りコロッケも付く。

 店内では、ワカメのつくだ煮(200円)も販売する。

 女性部の鳴滝貴美子部長(56)は「今年のワカメは色も歯応えも良い。早春の海の味を楽しんでほしい」と話している。

 毎週日曜の午前10時~午後2時。問い合わせは鳴滝部長<電080(6287)8000>。