1回目42分、左CKでチャキット(左から2人目)が頭で合わせ先制=宮崎市の県総合運動公園ラグビー場

 J2徳島ヴォルティスは31日、宮崎市の県総合運動公園ラグビー場で栃木と練習試合(45分3回)を行い、4-1で快勝した。

 1回目の42分、チャキットが左CKに頭で合わせて先制。2回目の6分、こぼれ球をミドルで決められ追い付かれたが、12分に岩尾がFKを直接決めてリードした。

 3回目の12分には右クロスに清武が滑り込んで押し込み3点目。41分には岸本が頭でダメ押しとなる追加点を奪った。

 徳島は27日の金沢戦に比べて大幅に得点機会が増えた。後方からの組み立てが安定し、サイドの攻め上がりや守備の裏側を狙う前線の動きも活発だった。守ってもプレスに連動性があり、終始ボールを保持して主導権を握った。

 徳島は3日午前11時から同所で町田と、宮崎キャンプ最後の練習試合を行う。