リーグ優勝に向け合同自主トレーニングを開始した徳島インディゴソックスの選手=JAバンク徳島スタジアム

 四国アイランドリーグplus(IL)の徳島インディゴソックスは1日、JAバンク徳島スタジアムで今季初の合同自主トレーニングを行い、リーグ制覇と2年ぶりの独立リーグ日本一へ向けてスタートを切った。昨年から選手が大幅に入れ替わり、35人のうち19人が新加入。それぞれが言葉を掛け合って意思疎通を図りながら精力的にメニューをこなした。

安井勇輝新主将

 この日は34人が参加。牧野塁監督が「優勝を目指して元気よく頑張っていこう」と声を掛けて練習が始まった。ストレッチやランニングで体をほぐした後、投手陣はブルペンで投げ込み、野手陣はティー打撃やノックなどに汗を流した。

 センターラインを中心に守備の強化を打ち出す中で、捕手は3人全員がルーキー。25歳の横溝は「野球人生最後の1年と思っている。負けないようレギュラーを取りにいく」と決意を語った。

 板野高から加入した安藝はブルペンで30球を投げ、「思ったほど体が動かなかった。最速155キロを出せるように鍛えていく」と力を込めた。

 35人のうち19人が投手で激しい競争が予想される。牧野監督は「各自ある程度仕上げてきていて今後が楽しみ。個性を大事にして伸ばしていきたい」と話した。

 合同自主トレは月末までで、平日は鳴門市内のグラウンドでトレーニングし、週末は地域の行事などに参加する。3月4日から7日間、海陽町の蛇王球場などでキャンプに臨む。

 新主将に安井内野手

 徳島インディゴソックスの2019年シーズンの主将が安井勇輝内野手(24)に決まった。1日の練習前のミーティングで発表された。

 安井主将は大阪府出身。東海大山形高、近畿大、四国ILの愛媛マンダリンパイレーツを経て18年に入団した。1年目の昨季は48試合に出場して打率2割7厘、10打点。昨季は主に外野を守り、攻守でチームの勝利に貢献した。

 安井主将は「人生初の主将。昨季の垂井主将を手本にチームを引っ張っていく。日本一に向け前期は断トツで勝つ」と力強く語った。

 副主将は瀬口拓也内野手(24)と竹内裕太投手(22)が務めることになった。

 四国IL 3月30日開幕 徳島、高松で香川戦

 四国ILは1日、2019年シーズンの開幕カードを発表した。徳島インディゴソックスは3月30日午後6時から、高松市のレクザムスタジアムで香川と対戦する。愛媛対高知も同日午後1時から、松山市のマドンナスタジアムで行われる。

 徳島のホーム開幕戦は31日午後6時から、JAバンク徳島スタジアムであり、香川と対戦。高知は4月6日午後6時から高知市の高知球場で徳島とホーム開幕戦を戦う。

 今季も前期・後期の2シーズン制で、前期が3月30日~6月2日。後期が7月13日~9月8日の予定。今季の各球団の年間試合数や全日程は3月上旬に発表される。