町田との練習試合に備え、実戦形式で攻守の動きを確認する徳島イレブン=宮崎市の県総合運動公園ラグビー場

 徳島ヴォルティスは3日午前11時から、宮崎市の県総合運動公園ラグビー場で、2次キャンプ最後の練習試合をJ2町田と行う。宮崎での練習試合は2戦2勝と調子を上げている徳島。昨季4位の強敵から白星を奪うため、2日は実戦形式のゲームでプレスや戦術的な連動性を磨いた。

 前日に続き午前だけの1部練習。実戦形式のゲームのほか、新たな武器になりつつあるセットプレーも攻守2班に分かれて再確認した。

 これまでの金沢や栃木に比べ、町田はかなり前方から仕掛けてくる攻撃的なチーム。ロドリゲス監督は「相手の特長をいかに打ち消していけるか、後方からどう攻撃を組み立てていけるかを見たい」とテーマを話す。

 特に中盤の仕事は重要になりそうだ。組み立ての起点となるMF鈴木徳は「しっかり顔を出していい形でボールを受け、スムーズにつなぎたい。球際も負けないよう意識している」と守備でも自信をのぞかせる。

 1月31日の栃木戦で元気な姿を見せたMF渡井も意気盛ん。「周囲との位置関係を意識しながらボールを受けたい。得点やアシストなど目に見える結果にもこだわる」と話した。