力を合わせて料理を作る親子=徳島市のむつみ会館

 親子で料理を楽しむ「出張子育てキッチン」(はぐくみ徳島実行委、徳島新聞社主催)が2日、徳島市国府町芝原のむつみ会館であった。5組14人の親子が、3日の節分の日にちなんで節分用の豆を使った炊き込みご飯などを作った。

 参加者は県栄養士会の管理栄養士2人の指導を受け、レシピを確認しながら調理。炊き込みご飯のほか、グリルチキンやみそ汁、サツマイモのカップケーキを約1時間半かけて仕上げ、全員で味わった。

 カップケーキ作りを担当した北井上小1年の中山暖菜(はるな)さん(7)は「豆のご飯もケーキもおいしかった。みんなでおしゃべりしながら楽しく作れた」と喜んだ。