消防団員への報酬・手当を巡り、消防庁が「本人に支給されるべきもの」と通知しているのに、徳島市を除く県内23市町村が分団などの口座に一括で支給していることが、徳島新聞の取材で分かった。一括支給の理由は「慣例」とする自治体が多く、使途は分団の運営費、飲食代、旅行代などだった。鳴門、阿南両市は今後、個人支給を検討するとしている。 

 県内で全て個人の口座に振り込んでいるのは徳島市だけ。鳴門、勝浦など17市町村は、分団や分団長らへの一括支給を了承する委任状を団員からもらっている。

 阿南、石井など6市町は団員から個別に受領印をもらっているが、報酬・手当の取り扱いは団員の同意を得た上で団長ら代表者に委ねられており、必ずしも個人に渡っているわけではない。

 小松島市は、団長1人、副団長2人に限り個人支給。分団によっては一括支給を受けた後、個人支給しているところもあるという。

 美波町は入団時に口頭で一括支給を了承してもらう。那賀、海陽町は受領印も委任状も取っていない。

 使途について、阿南市は「火災や台風などでの出動時、おにぎりやスポーツドリンク代に使っている」、三好市は「消防団のつながりが地域コミュニティー維持にもつながる。訓練の後に食事をするなど、関係を深めるために使う」としている。

 鳴門、阿南両市は個人支給を検討しており、海陽町は団員から個別支給の要望があれば検討するとしている。

 報酬・手当の額は団長、分団長、団員など階級や年齢によって異なる。報酬は年6千~15万円、訓練・出動のたびに支給される手当は1千~8千円。阿波市は手当を支給していない。上勝町の手当は出動の回数にかかわらず年間一律2500円。阿南、石井、佐那河内、上板の4市町村は団や班に対して手当を支給している。

 消防庁地域防災室は、支給の方法は市町村に委ねているとした上で「疑念を抱かれないように適切に対応してもらいたい」としている。

 メモ
 消防団員には活動実績にかかわらず支給される報酬と、出動回数に応じた手当が支払われる。額は各自治体が定める。報酬・手当を巡っては全国で分団幹部による私的流用が発覚、消防庁が2005年から5回、都道府県を通して全国に通知。昨年1月に出した通知では「報酬等はその性格上本人に支給されるべきものであることを踏まえ、適切に支給すること」としている。