自分で精算できるセルフレジ=徳島市佐古三番町の恵愛レディースクリニック

 徳島市佐古三番町の産婦人科「恵愛レディースクリニック」は、利用者が自分で料金を精算するセルフレジ2台を導入した。会計時の待ち時間を減らすとともに、治療内容を知られたくない人のプライバシーに配慮するのが狙い。

 診察後、利用者には受付でバーコード付きの請求書が渡される。バーコードをセルフレジにかざして読み込むと金額が表示され、利用者が現金を投入する。一部の会計を除き、原則として全ての外来診療をセルフレジで対応する。クレジットカード払いの導入も検討している。

 クリニックでは産婦人科や妊婦外来のほか不妊治療も行っており、会計時、待合室にいる人に金額を聞かれると、どんな治療を受けたのか分かってしまう場合もある。利用者の精神的な負担を減らそうと導入を決めた。

 鎌田ゆかり事務長は「セルフレジで時間短縮ができる分、サービスを充実させ、快適に診療が受けられるようにしたい」と話している。