[磯]<大島>21日、水温11・3~14・5度で下りから上り潮。グレは、本場回りの俵で33センチを1匹と33・5センチのイサギ1匹。別の人が33、36センチを2匹と35センチのアイゴ1匹。ホリモンも35センチを1匹と33センチのイサギ1匹。ヒジカケで31センチを1匹。象ノハナで36センチを1匹。カブトは30~35センチを5匹。源六で30センチを1匹。佐本回りの馬ノ背で30~33・5センチを3匹。
 
 <愛媛・矢ヶ浜>21日、戸島の北向きの磯では小松島市の人が40センチ前後のグレ10匹。近くの磯2カ所でサオを出した人が同型のグレ12匹。港近くの磯でも数は未確認だが30センチ前後のグレが上がっていた。20日は徳島市の人が戸島と遠戸島の水道にある磯で30~35センチを主体に30~47センチを12匹。近くの2カ所に上がった人は40センチオーバー5匹を含め30~45センチを7匹。
 
 <愛媛・日振島>21日、西寄りの風が強かったが波は無かった。10番では徳島市の人が40センチの尾長グレを含め30~40センチのグレ11匹。横島1番では数は未確認だが50センチのグレが上がっていた。
 
 [波止]<粟津離岸堤>20日、波風は無かった。日没後の2時間、7番ではルアーを使ってメバルを狙った2人が23~28センチを合わせて20匹。
 
 [船釣り]<伊島沖>20日、乗合船でアサリを餌に水深20~40メートルの棚で本ハゲを狙った人が15~25センチを5~15匹。(県釣連盟報道部)
 
 <コラム>

 最近釣り場に人が少なく釣果情報を確認するのに苦労している。理由の一つは今年の冬は特に寒いこと。もう一つは水温が例年より低く魚の活性が悪くあまり釣れていないこと。さらに冬季オリンピックで日本の選手が頑張っていることも理由にあると聞く。暖かい部屋でオリンピック観戦もいいものだがメバルやカレイなどこの時期に楽しみになる釣りもある。新たな釣り場を探し出掛けてみるのもいいものだ。(高橋)