8日、県内は北寄りの冷たい風で冷え込んだ。沿岸部の水温は低く、目立った情報は得られなかった。

 [磯]<大島>8日、水温13~15・2度。港周辺の水温が少し高かった。グレは、ノコギリで28、32センチを2匹。クジラで32~38センチを4匹。スベリで34、38センチを2匹。ソエバで30、35センチを2匹。潜航艇で35センチを1匹。丸バエで33センチを1匹と30センチのイサギ1匹。

 <高知・甲浦>8日、少し波があった。水温は出船時16・3度だったが、徐々に下がり納竿時に14・3度。グレは、棚バエの西で30センチを1匹。ヒナダンで30センチの尾長グレ1匹。赤灯台で30~33センチを3匹。丸バエで30~37センチを4匹。水温が下がり、フカセ釣りでもイシダイが食った。エボシで小松島市の人が47センチを1匹。長兵衛バエで徳島市の人が同型を1匹。同行の人も41センチを1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>7日、午後からは気温が上がり小春日和。ヤカタで徳島市の夫婦が赤アミを餌にサビキ仕掛けで20センチ前後のマイワシ300匹と小アジ20匹。別のヤカタでサヨリを狙った人が25~30センチを100匹。近くで2人が160匹。別のヤカタで70匹。各自30~60匹。

 [船釣り]<伊島沖>7日、べたなぎで釣り日和。乗合船で出掛けた人らが道糸PE1号、30号のオモリを付けた胴付仕掛けで本ハゲを狙った。早朝は食いが悪かったが、徐々に良くなってきた。27センチまでをサオ頭が12匹。各自4~10匹。別の船はさらに水深のあるポイントでサバ、アジを10~20匹。その後釣った魚を餌に青物を狙った。魚が大きく、ハリ外れやハリス切れ、高切れなどのバラシが多く6割程度しか取り込めなかった。85~102センチのブリ7匹。

 <高知・室戸沖>7日、緩い下り潮で水温16・7度。少し波があった。仕立船で出掛けた3人が、300号のオモリを付けてハリス16号の2本バリで水深50~60メートルのポイントで底から10メートル付近を探り、70~80センチのメジロ46匹と1メートル前後のブリ、60、70センチのマダイを各2匹、40センチ前後のイシダイ3匹。別の船は1人で出船したが9時に納竿。70~80センチのメジロ26匹。

 [波止]<粟津離岸堤>7日、弱い北の風。8番で日没後に電気ウキ仕掛けでヨウセイエビを餌に20~25センチのメバル20匹。

 <高知・室戸岬漁港沖ノ離岸堤>8日、北の風が北東に変わった。水温は出船時16・5度だったが納竿時には16・4度と少し低下。内向きで23~40センチのグレを各自5~10匹。(県釣連盟報道部)