千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さんが、自宅浴室で死亡した事件の衝撃と波紋が広がっている。

 親から子への虐待が起きるたびに、関係機関の連携の大切さが指摘されてきた。しかし、県柏児童相談所や市教育委員会の信じ難い対応が次々と明らかになっている。

 心愛さんは明確にSOSを発していた。悲痛な叫びを大人たちがしっかり受け止めていれば、命は救えたのではないのか。関係者に猛省を促すだけでなく、社会全体で事態の深刻さを共有したい。

 父親が傷害容疑で逮捕されたのに続き、母親も逮捕された。母親は父親からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたとみられ、母子ともに暴力の恐怖に支配されていた可能性がある。警察による全容解明が待たれる。

 心愛さんは学校のアンケートに「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」とつづっていた。担任には暴力の詳しい様子も打ち明けている。勇気を振り絞ったはずだ。

 あろうことか市教委は、秘密にすると約束しながら、心愛さんのアンケート用紙のコピーを父親に渡してしまった。威圧的な態度に恐怖を感じ、要求に屈したというが、心愛さんがどんな状況に追い込まれるか想像しなかったはずはあるまい。

 児相も重大な過ちを犯した。「お父さんに叩(たた)かれたというのは嘘(うそ)です」という書面が父親から提示された際の対応だ。文章は父親に書かされたもので、虐待のリスクは高まっていると認識しながら、心愛さんを親族宅から自宅へ戻すことを決めた。

 本人の気持ちを確かめることなく、その後も家庭訪問を一度もしていなかった。

 何度も大人たちに裏切られた心愛さんは、人間不信に陥り、絶望の中へ追いやられたに違いない。想像しただけで胸がふさがれる。

 密室で行われることが多い虐待やDVは表面化しにくい。今回は長期にわたり虐待の兆候があったのに、適切な対処ができなかった。

 専門家は、理詰めで威圧的な態度に出る保護者の前では、正常な判断ができない場合もあると指摘する。逆上した保護者に怒鳴られるのは日常茶飯事と打ち明ける児相所長もいる。

 冷静に判断をするには、担当者だけで抱え込まないことが重要だ。学校と教育委員会、児相が緊密に連携し、警察や法律の専門家に相談するなど毅然(きぜん)とした態度で向き合う覚悟が求められる。

 現場に無責任や事なかれ主義がはびこったままでは意味がない。肝心なのは、子どもの命を守るという使命感である。「大人は信用できない」と子どもが思うような社会にしてはならない。

 県や市は、今回の問題を厳しく検証する必要がある。国も児童福祉司の増員や法改正によって、再発防止へ体制を強化してもらいたい。