原監督(中)とともにブルペンで菅野の投球を見つめる水野コーチ(右)=宮崎市

 10、11日の紅白戦に備え、投球練習ブルペンにはエース菅野や沢村ら1軍投手が陣取った。その後方で、18年ぶりに巨人のユニホームを着た水野投手コーチが球筋やフォームを入念にチェックした。

 菅野からは投球の合間にボールの握り方などについて相談を受け、丁寧に指導。ブルペンでの投球終了後も身ぶり手ぶりを交えながら菅野にアドバイスした。

 練習後、水野コーチは「朝から晩まで野球のことを考えている。選手の方が楽しかった」と苦笑いを浮かべた。

 投手陣は菅野のほか、昨季9勝の山口俊、左腕の田口らを軸に岩隈らベテランが先発枠を争う。水野コーチは「バラエティー豊富で楽しみ」と期待しながら、開幕へ向け「春季キャンプは実戦に直結する。投手陣は横一線。外国人を含めてふるいにかける」と最後はコーチとしての厳しい顔つきになった。