法話の会で話す瀬戸内さん=1月、京都市の寂庵

 徳島市出身の作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(96)が京都市で講演する模様が、イオンシネマ徳島(徳島市)など全国の映画館で生中継される。著名人の講演を聴く機会を多くの人に提供し、生涯学習に役立ててもらおうと、大手芸能事務所アミューズ(東京)が初めて企画した。

 瀬戸内さんは4月14日、京都市中京区のANAクラウンプラザホテル京都で1時間半、聴衆約300人を前にユーモアを交えたトークを展開する。アミューズなどが立ち上げたライブ・ビューイング・ジャパン(東京)が生中継し、北海道から沖縄まで33カ所の映画館に配信される。

 アミューズは「人生100年時代」を踏まえ、文壇最高齢の現役作家として活躍を続ける瀬戸内さんに初回の出演を依頼した。

 瀬戸内さんは近年、高齢のため地方での講演が難しくなっており、「新しい試み」と関心を示している。

 チケット代は京都市の講演会が8千円(税別)、映画館での生中継が4千円(同)。9日からチケットぴあで先行発売している。一般発売は3月24日から。