枝いっぱいに花を咲かせ、春の訪れを感じさせるマンサク=徳島市内の県文化の森総合公園

イソギンチャクのような形の花をつけたマンサク=徳島市の県文化の森総合公園

 徳島市八万町向寺山の県文化の森総合公園でマンサクの黄色い花が咲き、訪れた人の目を楽しませている。

桜など他の木々よりも開花が早く「まず咲く」がなまったのが名前の由来という。イソギンチャクのような形をした3、4センチほどの花は木全体を覆う。

親子で訪れた近所の主婦は「花の形がおもしろいですね」と見入っていた。