栃木県警鹿沼署は10日、署の取調室で所持品の確認中、机の上にあった自身のなたで男性巡査長(47)の頭を切り付けたとして、公務執行妨害容疑で同県鹿沼市、無職水尾真一容疑者(45)を現行犯逮捕した。巡査長は頭部に切り傷を数カ所負ったが、命に別条はないという。

 署によると、巡査長は同日、暴力行為法違反容疑で逮捕していた水尾容疑者の所持品を確認するため、ケースに入った刃渡り約12センチのなたなどを机の上に並べた。水尾容疑者が「トイレに行きたい」と申し出たため、室外にいた別の警察官に連絡を取ろうと背を向けた際、なたを手に取り、振り向きざまに切り付けた。