記者会見で決算について説明する楽天の三木谷浩史会長兼社長=12日午後、東京都内

 楽天本社

 楽天が12日発表した2018年12月期連結決算は売上高が前期比16・6%増の1兆1014億円となった。売上高が1兆円の大台を達成したのは、平成に入って設立した国内の独立系ITベンチャー企業として初めてとみられる。純利益も28・7%増の1422億円で増収増益だった。

 東京都内で記者会見した三木谷浩史会長兼社長は「楽天はまだまだ成長段階にある」と強調。ただ同時期に設立して急成長を遂げた米アマゾン・コムや中国アリババグループなどに比べ日本勢は差をつけられている。楽天は海外事業の拡大に向けて投資を強化する。