日本水泳連盟の上野広治副会長は、2020年東京五輪の代表選考で池江璃花子選手について「特別な猶予は考えていない。(標準)タイムを切ることと順位が求められる」と明言した。