タイ・ピサヌロークで行われた多国間軍事演習「コブラゴールド」の開会式=12日(共同)

 【ピサヌローク共同】米軍とタイ軍が主催し、自衛隊なども参加する東南アジア最大級の多国間軍事演習「コブラゴールド」の開会式が12日、タイ北部ピサヌロークで行われた。22日までの日程で、約30カ国の計約1万人が平和維持活動や災害救助などの演習をタイ国内で実施する。

 2014年のクーデター後、軍事政権が続くタイでは今年3月に軍政から民政移管のための総選挙が予定される。民主化を求める米国は、オバマ前政権では軍政と距離を置いたが、トランプ政権は関係を再構築。米国のヘイモンド駐タイ臨時代理大使はあいさつで、演習は「地域の安全保障にとって重要だ」と述べた。