記者会見で知事選出馬を表明する天羽氏=県庁

 共産党徳島県委員会の議員相談室長で元小松島市議の天羽篤氏(68)=小松島市芝生町宮ノ前=が12日、県庁で記者会見し、3月21日告示、4月7日投開票の知事選への立候補を正式に表明した。知事選への出馬表明は、現職の飯泉嘉門氏(58)と県議の岸本泰治氏(61)に続いて3人目。天羽氏は「飯泉知事はとくしま記念オーケストラ事業で知人を優遇するなど県政を私物化している。県民に目を向ける県政に変えたい」と述べた。

 天羽氏は飯泉知事と、知事与党の立場で議員活動をしてきた岸本氏の双方を批判。「旧農林省の出先機関職員や市議として、長年にわたり市民と直接向かい合ってきた」と自らの実績を強調した上で「県民の暮らしを守るため国に声を上げる知事が必要だ」と訴えた。

 公約については▽記念オケ疑惑解明に向けた第三者委員会設置▽国民健康保険の引き下げ▽児童福祉司増員による児童虐待対策強化▽木造住宅耐震化の助成拡充-などを掲げると説明。財政調整基金などを切り崩して財源とする考えも示した。

 天羽氏は1973年に近畿大農学部を卒業し、旧農林省に入庁した。80年から党徳島地区委員会職員。83年4月に小松島市議に初当選し、8期務めた。2018年から党阿南地区委員会副委員長。