[磯]<大島>12日、波風ともに穏やかな釣り日和。ゆっくりとした下り潮が上り潮に変わり、水温は13・8~15・1度。渡船10隻が出て釣り人60人足らず。低水温ながらグレの食いは堅調。ヒッツキで37、48センチを2匹。オシドリで30、38センチを2匹。ジョウギで28~35センチを3匹。大バエでは29センチ前後を3匹。サイズは未確認だが地冨士、カブトでも各1匹。沖ソエでは34センチのイサギを1匹。

 <宍喰>12日、波風ともに穏やか。ゆっくりとした上り潮で水温は前日より0・7度上がり、14・2度。那佐半島の平バエで2人が29、31センチのグレ2匹。

 [波止]<粟津離岸堤>10日、強い北の風、日暮れごろよりメバルの食いが活発。7番で1インチのワームのジグヘッドリグで20~30センチを30匹。11番では電気ウキ仕掛けで生きエビを餌に20~28センチを持参したエビ箱満杯と好釣果。

 [船釣り]<伊島沖>11日、小雨が降り続いた。乗合船で5人がアサリのムキ身を餌に市販の胴付3本バリ仕掛けでオモリ30号を使い、18~30・7センチの本ハゲをサオ頭の人が26匹。次の人が20匹。別の3人は4~15匹。悪条件だったが終日ポツポツとアタリがあった。

 <高知・室戸沖>11日、波風ともに穏やか。70~80センチのメジロの食いが好調。徳島市の人が25匹と90センチのカンパチ、85センチのメダイを各1匹。水深55~60メートルの場所でオモリ300号、ハリは15、16号の2本バリ、ハリス16号を使用した。マキ餌がなくなったので11時に納竿した。

 [川]<園瀬川>12日、下流域で9時すぎから自作のネリ餌をサシ餌に8号ガン玉4段仕掛けで、2時間余りサオを出した人が5~7センチのハエを20匹。低水温の影響かマキ餌には多く集まるが、ウキの着水音で逃げるので静かに釣るとよいようだ。(県釣連盟報道部)