ライフスタイルの変化や少子高齢化などにより、日本国内の酒類販売(消費)量は2001年以降、右肩下がりで推移している。特に日本酒は近年の低アルコール嗜好(しこう)が影響して、酒造業者数も減少傾向にある。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。