紅白戦の6回に本塁打を放つソフトバンク・美間=宮崎市

 主力中心のA組に昇格した美間(鳴門渦潮高出)が紅白戦で0―0の六回に左翼ポール直撃の本塁打を放った。負傷で別メニュー調整中の柳田の代役として、巡ってきた好機を生かし「これがラストチャンスだと思って参加している。持ち味の長打力を見せられて良かった」と胸をなで下ろした。

 昨季に広島からトレードで加入したプロ7年目の右打者は「勝負の年」と位置づける。ティー打撃でヘッドの使い方に気を付けて振り込み、マシン打撃ではヒット性の当たりを連発するなど好調を維持。さらなるアピールに向け「元気よく思い切ってプレーしたい」と意気込んだ。