阿南市内の小中高生でつくる将棋クラブ「富岡将棋」が17日、将棋を簡略化したボードゲーム「どうぶつしょうぎ」を通して外国人と交流しようと、どうぶつしょうぎの講習会を富岡公民館(同市富岡町)で開く。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。