東京芸大で彫刻を学ぶ学生5人が、神山町神領の民泊施設「作良家(さらや)」に宿泊し、創作活動に取り組んでいる。町内の自然素材を使うなどしてインスタレーション(空間芸術)作品を制作。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。