1930年ごろの旧制富岡中の野球部員(富西百年史より)

 1898(明治31)年、城南高の前身・旧制徳島中に野球部が誕生し、旧制富岡中(現富岡西高)や旧制脇町中(現脇町高)へとその波は広がった。

 富西百年史などによると、富岡中では1900年、希望者を集めて練習が始まり、野球部の歴史がスタートした。創部当初はグローブなどの用具も十分ではなく、勉学優先の風潮もあった。富岡西高の110周年誌に掲載された卒業生の寄稿には「抜け駆け対抗大会へ行った」との記述も残っている。限られた時間の中、選手たちは練習や試合に臨んでいたことがうかがえる。

 明治末期から大正にかけて徳島の野球熱が高まり、全県的な大会が開かれるようになった。1911年に県中学校選手権、13年には徳島毎日新聞(現徳島新聞)主催の県下中学校大会が始まった。現在の夏の全国高校選手権は15年、春の選抜大会は24年に開始された。

 大正中期には、徳島商業学校(現徳島商高)が頭角を現し、徳島中との対戦は「徳島の早慶戦」と称され、多くの観衆で盛り上がった。17年の県大会に参加した富岡中の選手らは、徳島商業の練習を見て自チームの実力不足を痛感したという。

 徳島中や徳島商業に追い付け、追い越せとチームづくりに励み、22年には大学からコーチを招くなど強化に取り組んだ。こうした努力の成果が現れ、大会で決勝まで駒を進めたこともあった。

 自由参加だった夏の全国選手権四国予選には20年に初出場。このときは香川県でまず東部予選(徳島、香川両県)があり、1回戦で香川師範(現香川大)に7―3で勝利。2回戦は0―3で大川中(現三本松高)に敗れたものの、甲子園に向けて記念すべき第一歩を踏み出した。

 しかし、当時は四国の県庁所在地間に鉄道が通っておらず、交通事情は悪かった。遠征費の工面も難しく大会参加は容易ではなかった。この後、昭和に入るまで大会から遠ざかることになる。

 昭和初期の28年には学校が災難に見舞われた。1月は火災で校舎が焼失。再建中の新校舎も台風で損壊するなど練習もままならず、野球部は低迷した。選手権四国予選に戻ってきたのは31年。だが、宇和島中(現宇和島東高)に0―10で大敗し、翌32年に始まった徳島県大会では徳島商業に敗れた。

 この後、戦時体制の強化などが影を落とし、野球部の活動は休止を余儀なくされる。

◇  ◇  ◇

 第91回選抜高校野球大会(3月23日開幕・甲子園)に「21世紀枠」で出場する富岡西高。1900年の創部から続く長い歴史の中で、多くの選手が聖地を目指したが届かなかった。その歩みをたどる。