トランポリンのW杯から帰国し、獲得したメダルを手にする(左から)土井畑知里、堺亮介、岸大貴=19日、成田空港

 トランポリンの2020年東京五輪予選のワールドカップ(W杯)シリーズ第1戦に出場した日本代表が19日、開催地バクーから成田空港に帰国し、女子個人3位の土井畑知里(三菱電機)は「夢のよう。緊迫した中でも自分の演技ができた」と笑顔を見せた。日本体操協会によると、W杯で同種目の表彰台は史上2人目。土井畑と男子個人3位の岸大貴(ポピンズ)は選考基準を満たし、11~12月の世界選手権(東京)代表に決まった。

 岸は「自分のやるべきことを、ぶれずにできた」と喜びを語った。