ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」での大杉さん(中央) (C)「バイプレイヤーズ2018」製作委員会

ふじきみつ彦さん

 1年前の2月21日、俳優の大杉漣さん=小松島市出身、享年66=が急性心不全で他界した。数々の映画やドラマに出演した大杉さんが最後に演じたのは、連続ドラマ「バイプレイヤーズ」(テレビ東京系)での「大杉漣」その人の役だった。大杉さんをリーダーに名脇役たちが本人役で出演し、仲良くわちゃわちゃと共同生活を送る様子が視聴者の心をつかんだ、虚実交わるこのコメディー。大杉さんの他界後も遺族らの意向で放送が続き、昨年3月7日に放送された最終話は、まるで大杉さんへの追悼作品のようだと話題になった。メインライターを務めた脚本家ふじきみつ彦さんに制作の裏側を聞いた。 

 最終話の撮影終了まで3日ほどとなった昨年2月20日、大杉さんは撮影後に戻ったホテルで体調が急変。翌日未明、病院で共演者らが見守る中、帰らぬ人となった。最終話のストーリーは、劇中劇である「テレ東朝ドラ・しまっこさん」が撮影終了間近となる中、大杉さんがスタッフらに恩返しをするというもの。最後は、急きょ決まったスピンオフドラマの撮影に向かう大杉さんの「よっしゃ、じゃあ、行きますか」というセリフで閉じる。

 「今見ると、大杉さんを追悼するために最初から書かれていたかに思えますが、そもそもドラマは全5話で、役者も5人。それぞれの話で中心人物がいて、リーダーを『トリ』に、ということもあって最終話は大杉さんメインの回でした。(突然の訃報に)どうするのかといろいろな議論がありましたが、『恩返しをしたい』と思うきっかけやクライマックスなど物語の骨子は全て撮れていた。どこが欠けていても、『果たしてどうするか』となったはずだけど、あった。だからストーリーはこのままでいくというのが制作陣の総意だったと思います」

 とはいえ、未撮影の部分はある。あるシーンの大杉さんの「不在」は、「撮影現場にいるから」という理由で説明し、田口トモロヲさんからは「現場終わったんだけど、まだスタッフさんたちと話してる。あの人、現場好きだから」と、大杉さんの役者道を象徴するようなセリフが出る。撮影現場にいる大杉さんのオフショットも多用され、ドキュメンタリーを見ている気持ちにもなる。

 ふじきさんは第1弾の撮影現場に足を運んだときのことをよく覚えている。もう一人の脚本家・宮本武史さんが書いた回の撮影中で、「みんなで真剣な話をしているとき、大杉さんが疲れて寝る」という設定が大杉さんを含めた役者間で議論になっていた。

 「『普通ここで寝ちゃうかな』『ちゃちゃ入れないとおかしいんじゃないかな』と話していて、僕に『こうしてもいいかな』と言うんですね。僕が書いたわけじゃないんだけど(笑)。

 こういうことがあって、後日、第1弾の打ち上げで、大杉さんがつかつかとやって来て、『いや、あのときはごめんね。僕らもやってる最中、すごい不安でさ。いろいろ言っちゃったけど、不安から出たことなんだ』と言うんですね。僕の中では、これが大杉さんに触れた瞬間だった。気遣いもそうだし、あれだけの人が、あんな和やかな現場でも、どこか不安で、見る人がどう思うかを常に考えてやっているんだ、と」

 劇中、大杉さんから「しまっこさん」スタッフへの手紙を、松重豊さんが代読する。「しまっこさん」では名前もない住民役だった大杉さんたち。そこにはこんな言葉がつづられる。「目立つような役では決してないと思って脇の脇に徹してきました。最初はあまりの出番の少なさに不満もあったけど、望まれた役をやるのがバイプレイヤー」「また同じメンツ、同じスタッフでおもしろいことをやりましょう」―。

 「バイプレイヤーというのは主役じゃない。どんな小さい役でも全力でやる。それでここまで来た人たちの格好良さ、それがあってのストーリーなんだって思って脚本を書いてきたんです。ほかのスタッフもみんな同じはず。コメディーなんで内容はふざけてるんですが。

 第2弾は、第1弾の打ち上げで大杉さんが『またやるときは、必ず同じメンバー、スタッフでやろう』と言って始まったことを下敷きに、手紙の言葉が出てきた。一番最初の顔合わせのときから、みんな漣さんがいるから集まっている感じ。それで、ずっとやってきたんですよね」

 最終話の冒頭で画面に表示される「バイプレイヤー」の定義はこうだ。「映画やドラマなどの脇役のこと。様々な作品を渡り歩くが、関わったすべてのキャスト・スタッフを愛している―」。

 

 「バイプレイヤーズ」

 2017年放送の第1弾「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」は、大杉漣さん、遠藤憲一さん、田口トモロヲさん、寺島進さん、松重豊さん、光石研さんの6人が、本人役で登場し、シェアハウスで共同生活するコメディー。

 18年2月~3月に放送された第2弾の「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」には、寺島さんを除く5人が出演。テレビ東京の朝ドラ「しまっこさん」で共演することになり、ロケ地の島でまたも共同生活を送るという設定。

 作品はDVDやテレビ東京オンデマンドなどで視聴できる。

 

 ふじき・みつひこ 1974年、横浜生まれ。演劇、映画、ドラマからEテレ「みいつけた!」など子供番組まで脚本を書く。現在はバイプレイヤーズの一人、光石研主演ドラマ「デザイナー 渋井直人の休日」(テレビ東京系)が放送中。