小松島市空家等対策協議会は20日、放置しておくと倒壊の恐れがある「特定空き家」の認定基準を策定した。判定する際に使っている国の指針と県のマニュアルの内容を具体化し、個別案件に対応できるようにした。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。