1946年12月21日未明、木造2階建ての自宅1階で寝ていた当時5歳の私は、突然父に抱き上げられて目が覚めた。地震の揺れには気付かなかった。でも、家の中を見渡すと廊下や床の間の壁が剥がれ落ちていた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。