[イカダ]<ウチノ海>20日、北寄りの風が強かった。堂浦のカセでヌカと赤アミをマキ餌に、小粒の沖アミをサシ餌に使った人が35センチ前後のサヨリ8匹。風が強く、釣りづらかったため午前中でサオを納めた。天候が穏やかだった18日は同所のカセで30~40センチのサヨリ97匹。別のカセでも同型を40匹。天候さえ良ければしばらくは好釣果が期待できるだろう。

 <高知・甲浦>20日、比較的暖かな1日だったが、西寄りの風が強く波も高かった。1号では、沖アミを餌にフカセ釣りで48センチのチヌと38センチのマダイを各1匹。

 [磯]<愛媛・蒋渕>20日、北寄りの風が強くうねりや波も少々あったため、風裏となる黒島の高場橫でサオを出した徳島市の人が30~43センチのグレ8匹。他に尾長グレらしき強いアタリも数回あったが全てバラした。

 <高知・宿毛湾>19日、大雨となったため午前中の釣りとなった。白鼻の小島では徳島市の人が50センチのアカハタ1匹。18日は無名磯で45センチ前後のチヌ2匹。ほかには高知の人が白鼻の小島で30~49センチのグレ10匹。釣サンで30センチ前後のグレを数匹上げていた。

 [波止]<小鳴門筋>20日、岡崎海岸の波止でボラを狙った人が60~70センチを3匹。

 [船釣り]<室戸沖>20日、風はなかったが波は高かった。水温18・5度でゆっくりとした上り潮。仕立船では2人が70~80センチのメジロ42匹と60、65センチのマダイ2匹、40、45センチのイシダイ2匹、80センチのカンパチ1匹。好釣果を得られたため11時でサオを納めた。水深50~60メートルのポイントで300号のオモリ、ハリス16号の2本バリ仕掛けを使用。(県釣連盟報道部)