山本隆久氏(やまもと・たかひさ=前大島青松園入所者自治会長)19日、高松市の同園で死去、83歳。徳島県出身。葬儀・告別式は近親者で済ませた。

 15歳でハンセン病を発病し、19歳で同園に入所。1981~84年、全国ハンセン病患者協議会(現全国ハンセン病療養所入所者協議会)の役員を務めた。徳島に里帰りし講演などで差別解消を訴えた。