歴史的な大局に立て  第十三世三木與吉郎眞治氏に、初めてお目にかかってから五年後の一九五六(昭和三十一)年、阿波銀行大阪支店外交係となり、三木産業大阪支店によくおじゃました。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。