未来志向の経営堅持         「創業は易く、守成は難し」。家業を三百五十年も絶やさずに続けるのは並大抵のことではない。十六代西野嘉右衛門氏は企業存続の条件を示されていた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。