アイドルグループ「A応P(えーおうぴー)」に所属する徳島県出身の堤雪菜さんが、5月10日公開のオムニバス映画「ダヤンとタマと飛び猫と~3つの猫の物語~」の中の1作品「旅する飛び猫」のナレーションを担当することになった。他の2作品のうち「タマとふしぎな石像」のテーマソングをA応Pが歌うことも決まった。

写真を拡大 堤雪菜さん(前列右から2人目)らA応Pのメンバー

 映画は、絵本や写真集、アニメで人気の「猫のダヤン」「タマ&フレンズ」「飛び猫」がそれぞれ主人公になった3作品で構成される。堤さんはこのうち、飛び猫が登場する実写作品のナレーションを務める。大の猫好きで、特技が「猫と友達になれること」という堤さんだけに、猫の気持ちがどれだけ伝わるナレーションになるか注目だ。

写真を拡大 映画「ダヤンとタマと飛び猫と~3つの猫の物語~」のメインロゴ(©Akiko Ikeda/Fushigi Dayan ©Sony Creative Products Inc./Tama &Friends Project, ©五十嵐健太)

 タマ&フレンズが登場するアニメ「タマとふしぎな石像」のテーマソングのタイトルは「TSUNAGU」。同曲がカップリングとして収録されたニューシングルは映画の公開日と同じ5月10日に発売予定だ。表題曲の「それゆけ!恋ゴコロ」は、4月放送開始のテレビアニメ「超可動ガール1/6」のオープニングテーマに起用されている。