知性と実践力に富む  河合英一氏に初めてお目にかかったのは1966(昭和41)年。日本銀行高松支店長の河合氏を、大塚製薬工場と冨士ファニチアを案内したときだった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。