開幕戦の前日会見で登壇した徳島ヴォルティスのロドリゲス監督㊨や岩尾主将(右から2人目)=鹿児島市の鹿児島サンロイヤルホテル

 徳島ヴォルティス対鹿児島ユナイテッドFCのJ2開幕戦を前に23日、記者会見が鹿児島市の鹿児島サンロイヤルホテルで行われ、両チームの監督、主将がそれぞれ抱負を語った。

 徳島のロドリゲス監督と岩尾主将、鹿児島の金監督と中原主将の4人が登壇した。3年目のシーズンに臨むロドリゲス監督は「攻撃サッカーを貫く。開幕戦は難しい状況も起こると思うが、選手が最大限のパフォーマンスを発揮し、プレシーズンでやってきたことを出せればいい」と話した。

 岩尾主将は必勝の決意を改めて表明。どんなプレーを見せたいか問われ「自分が引っ張るというより、選手一人一人がピッチに立てなかった選手の分まで責任を示すことが大事。ピースの一つとして自分もしっかりプレーしたい」と応じた。

 鹿児島はJ3から昇格して初のシーズンとなる。金監督は徳島の印象について「パスで組み立て、ゴールに向かうスピードが速い。いいチームだと思う」と話した。中原主将も「個々の持っている技術がすごく高い」と分析。その上で「鹿児島にサッカーが根付いていく上で開幕戦は大事な一戦になる。必ずいい結果を報告したい」と意気込んだ。

 開幕戦は24日午後1時から、同市の白波スタジアムで行われる。