ミニアルバム「NEXT」のジャケット

 3月での解散を発表している中学生シンガー丸山純奈さんのバンドPOLUが、ミニアルバム「NEXT」(1500円、税別)をリリースする。26日から配信サイトで先行公開し、3月20日ごろにCDを発売する。ギターの蜂蜜金柑熊五郎さんはミニアルバムと今後のライブには参加せず、サポートメンバーとして、ギタリスト逢坂周作さんを迎えたことも合わせてPOLU公式ツイッターで発表された。

 ミニアルバムは6曲入り。タイトルの「NEXT」には、「それぞれの新しいスタート」という思いが込められている。

 1曲目は、高橋久美子さん作詞、カキモトナオさん作曲の「新色」。結成のきっかけとなった万代中央ふ頭(徳島市)のイメージソング「ミズイロ」と同じ楽曲制作者による、アンサーソングのような曲で、「ミズイロ」を思わせるフレーズが随所にちりばめられ、春から上京する丸山さんの心境を思わせる歌詞が印象的な、爽やかな楽曲に仕上がっている。

 ミニアルバムの最後を彩る「home」は、何気ない会話から感じ取った丸山さんの気持ちを、バンさん(ギター)が詞に書き起こした曲。支えてくれる人への感謝やPOLUへの思いを伸びやかに歌っている。

 「19歳のブルース」と「Breakin’ Dawn」は、どちらも作曲を柳本啓太さん(ドラム)、メロディーラインの作曲を丸山さんが手掛けた。柳本さんがドラムのほかベースとギターも演奏し、独特のリズムで、雰囲気のある曲に仕上げている。

 このほか、エレクトロ(電子音楽)を取り入れ、女の子の甘酸っぱい恋愛を歌った「空と青」、丸山さんが得意とするせつないバラードをロックテイストで華やかに仕上げた「夢の中なら」を収録している。

 POLUは、2016年秋、「ミズイロ」を演奏するために結成。ボーカルの丸山さんはオーディションで選ばれた。3月16日の東京でのワンマンライブ、24日に万代中央ふ頭で開く主催イベント「POLUフェス」でライブ活動を終える。