24日、県南部の各磯では相変わらず水温が低い状態が続いている。そのため多くの渡船が休業した。一部の磯では水温が上昇しているようだが聞いた話しでは水温が場所によって大きくムラがあり魚の活性も悪く釣果にはつながらなかったようだ。寒グレシーズンも終盤になったが今後の好釣果を期待したい。

 [波止]<津田沖ノ一文字>24日、高松市の人がカニを餌に落とし込みで通称ダンサからコーナーを探り歩き42~44センチのチヌ3匹。周辺で3人が沖アミを餌にフカセ釣りをしたがバラシが数回だった。

 <小松島港沖ノ一文字>24日、中央付近で2人がガガネ狙いで探り23センチ前後を20匹。<香川・三本松港>23日、阿波市の人が沖アミを餌に使い35センチのチヌ1匹。

 [磯]<大島>24日、潮は下りで水温15・4~16・6度。マッチャンバエで38センチのイシダイ1匹。ヒッツキで42センチを1匹。屋形で34センチのグレ1匹。別の人が30センチのイサギ1匹。オシドリで30センチのグレ1匹。馬ノ背で同型を1匹。一番で30~32センチを3匹。高橋バエで40センチのイシダイ1匹。

 <高知・甲浦>24日、波は多少で水温14~15・8度。ミツバエ西で39センチのイシダイと35センチのブダイを各1匹。ヒナダンで32センチのグレ1匹。

 [船釣り]<高知・室戸沖>24日、波風ともに穏やかな釣り日和。ゆっくりとした下り潮が上り潮に変わり水温16・5度。仕立船で3人が70~80センチのメジロ49匹と40センチ前後のグレ、30~35センチのイサギを各5匹。ハリス16号でも6回ハリス切れがあった。(県釣連盟報道部)