大規模災害時に外国人を言葉の面で支援する「災害時通訳ボランティア」の研修会が24日、徳島駅クレメントプラザ内の県国際交流協会であり、約25人が通訳の意義や心構えを確認した。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには徳島新聞電子版(有料)への登録が必要です。